2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2018年 第63回新世紀展 | トップページ | 「孤狼の血」 »

2018年5月26日 (土)

次の滝・白崎海岸・湯浅~庭代台ふれあいハイキング~

第184回を迎えた庭代台ふれあいハイキングの5月の例会は、恒例の滝ハイクでした。
「日本の滝4000」の著者である木田薫さんコーディネイトによる滝ハイク。
今回は和歌山県有田次の滝を案内してくださいました。

Cimg6257


庭代台出発は朝7:50
参加者は37人でした。
曇り空ではありますが、涼しくて気持ちのいいハイキング日和です。
高速道路を有田で降りて30分ほど。
山間の長閑な村落でバスを降りました。
民家の脇道の急こう配な坂を登って10分ほどで次の滝へ

Img_8276


和歌山と言えば、那智の滝。
その次の滝、という意味で命名されたそうです。

Cimg6258

Cimg6261


急坂を登ると、すぐに見えてきました。
向こう側に見える滝の裏側からも覗けるということでしたので、
近くまで行ってみることにしました

5分ほどですぐに滝のそばまで辿り着きました。Cimg6265

滝の裏側まで回るには足場が悪いので、斜めから見るところまで行ってみました

Img_8284

木々の隙間から滝が見えるところで記念撮影

Cimg6270

次の滝を後にして、小一時間で白崎海岸へ。
太古の昔、人類が誕生する2億5000万年前にできた白亜の石灰岩が隆起する海岸。
日本のエーゲ海と言われています。

海岸が見えた瞬間に皆さんから歓声が上がりました
曇り空だったのが残念。真っ青な空の下で見るともっと白亜に輝いてみえるそうです。

Img_8305


お弁当タイムも含めて一時間の自由時間。
ゆっくりお散歩もできました。
Img_8312

子どもたちが小さかった頃に来たことがあるキャンプ場。綺麗に整備されていました。

また来てみたいな~

集合写真をもう一枚Cimg6275
さて、再びバスへ
ここから更に小一時間で湯浅の町へ。
お醤油の町を散策しますCimg6276

Cimg6277

ブラブラと街歩きしながら、お醤油やもろみをお土産に買いました

Img_8323


盛りだくさんな一日でした。
それでも湯浅からこれまた小一時間で庭代台に帰ってくることができました。
充実の観光内容で、しかも予定より1時間近く帰り着くことができました
愉しい一日でしたね。
万歩計は8872歩。今日は歩いた距離も短かった

« 2018年 第63回新世紀展 | トップページ | 「孤狼の血」 »

ふれあいハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次の滝・白崎海岸・湯浅~庭代台ふれあいハイキング~:

« 2018年 第63回新世紀展 | トップページ | 「孤狼の血」 »

よさこいの夏

My work

無料ブログはココログ