2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

吹上砂丘音頭 by 山中カメラ

山中カメラさんの横で歌っているのは、我が家のはっちゃけ娘です

現代音頭作曲家の山中カメラが、鹿児島県吹上町で行われた「吹上ワンダーマップ2012」において制作した現代音頭作品。
吹上町は日本三大砂丘である全長50キロあまりの広大な吹上砂丘を有する。初めてここを訪れた時の感動が今でも忘れられない。
一ヶ月吹上に滞在して地元の皆さんのお話や体験したことをヒントに作詞、作曲、編曲、振り付けした。
鹿児島ということで「おはら節」を大胆に取り入れ、「吹上=ふきあげ」という語感から吹奏楽が高々とおはら節のラッパ(おはラッパ)を吹き上げる重厚な音頭になっている。
吹奏楽演奏は地元の「伊作小学校金管バンド」の子供たち、「吹奏楽団ウィンドユーザーズ」の皆さんに協力していただいた。
(ウィンドユーザーズの皆さんはボンダンス当日に生演奏でもご参加いただいた)
三線に吉田清香さん。篠笛は山中カメラの後輩、高木愛子さん。(後半に出てくる「春よ来い」をモチーフにしたソロが聞き所)
パーカッションに木下賢也さん。
リードボーカルは山中カメラに加え、美術家であり歌姫 pao.さん。(絵も歌もキャラクターもすごい)
コーラスに永里関人さん、吉永ジェンダーさんの両人に参加いただいた。
他にも掛け声、合唱は、吹上町の皆さん、子供たち、野首地区婦人部の皆さん。そしてすばらしい吹上ワンダーマップ参加アーティストの皆さんなど、本当に沢山の方に参加して­いただいた。

とても良い現代音頭が出来ました。
協力して頂いた吹上の皆様に感謝いたします。


映像撮影:奥中章人/木下賢也



「吹上砂丘音頭 BonDance/FUKIAGE-SAKYU-ONDO」

一番

吹上の浜に風が吹く
チョイと見やれば東シナ
真白の砂を吹き上げる
Fu Fu Fu Fu Fu

田ノ神サァの前で
待ち合わせして行こうか
松林を抜けたら
もうすぐそこだよ

打ち寄せる白い波
美しい砂の丘
貝殻を拾う君
手のひらに宝石

二番

吹上の里にお湯が湧く
硫黄のかほり心地好く
白と黒との湯の花が
Fu Fu Fu Fu Fu

千本楠の木漏れ日で
一休みして行こうか
西郷さんの人形
目印なんだよ

打ち寄せる白い波
美しい砂の丘
湯上りの散歩道
襟元に花びら

三番

吹上の町に人が咲く
情熱持った人がいる
おばちゃんたちも笑ってる
Fu Fu Fu Fu Fu

夏になったらウミガメが
卵を産みに来るんだよ
大きくなって戻ってね
またこの浜辺に

打ち寄せる白い波
美しい砂の丘
吹き上げる吹き上げる
輝ける吹上




作詞/作曲/編曲:山中カメラ
歌:山中カメラ/p a o ./永里関人/吉永ジェンダー
掛け声/合唱:吹上の皆さん/F W Mアーティスト
演奏:伊作小学校金管バンド/吹奏楽団ウィンド ユーザーズ/山中カメラ/高木愛子/木下賢也/吉田清香
協力:吹上町の沢山の皆さん/吹上ワンダーマップ

よさこいの夏

My work

無料ブログはココログ