2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

グルメ・クッキング

2016年2月21日 (日)

海のカフェ・高木

Img_5944
松尾先生のヨガ教室に行った後、箱作のカフェに立ち寄りました。
農家の倉庫をリフォームして作ったような古民家風のオシャレなカフェ
広い空間に漆喰の壁や、大きなストーブ、ダルマシアンのワンちゃんがお店のアイドル犬

Img_5947


ランチの土鍋ご飯は、「本日はカレー」となっていましたので、そちらを
家でも時々作るようなキーマカレーImg_5948

Img_5950

Img_5952


なんとこんなところに、京都知恩寺の手作り市でファンになった「めい工房」の器が
思わず、お聞きしたら、奥さんと同郷のお友達なんだそうです
こちらのカフェにお似合いの器。
なんだか嬉しくなってしましました

Img_5958

Img_5959_2

Img_5954
娘たちが注文した手作りチーズケーキもキュートな器に入れてもらって
デリシャス~
素敵な寄り道でした

http://www.cafetakagi.com

2013年4月17日 (水)

お菓子と物々交換

Sanaciaさんで、いちご大福とうぐいす餅を教えていただきました。
白玉の生地が柔らかくて、とても美味しかったので、また家でも作ってみようと思っています。

Img_0606

いちご大福5個とうぐいす餅5個を、1時間ほどで作りました下準備をしてくださっていたので、あっという間にできてしまいました。

白玉粉、砂糖、水の分量はすべて1カップ。
混ぜ合わせておいて、強火で蒸す。
3分蒸したら、軽く混ぜて、更に15分蒸す。
Img_0607
後は生地を10等分して、あん、もしくは、いちごを餡でくるんだものを、生地でくるむだけです。

たくさんできたので、ご近所さんにおすそ分けに持って行ったら、採れたてのワケギに変身して返ってきました ラッキー

Cafe sanaciaさん、素敵な隠れ家ですよ
http://ameblo.jp/lunelapin-muu-raby/

いちご大福とうぐいす餅のお菓子教室は、教えてもらって、10個持ち帰れて1000円です。いかがです?

上記の日記を書いてから約3週間、やっと家でも作ってみましたImg_0782
のちょこっとした時間に作れちゃうのがNiceです

2013年3月17日 (日)

シュークリーム

久々にシュークリームが作りたくなって、作りました
シュークリームって、案外、簡単にできます。
それに、シュークリームなんかが作れてしまうということが、なかなかに面白かったりする

材料も、卵と小麦粉と砂糖、牛乳、バターぐらいだったりする
あ~、カスタードクリームにとろみをつけるためのコンスターチ、香りづけのバニラエッセンスぐらいが必要ですね
もしあれば、ラム酒も少し

卵黄+小麦粉+コーンスターチ+砂糖+牛乳を火にかけて、へらでかき混ぜているだImg_0579けでできてしまうカスタードクリーム。

バターと水を火にかけて、沸騰したところに小麦粉をざざっと放り込んで、グルグルッと混ぜ合わせて、後は卵で伸ばしていくだけでできてしまうImg_0580シュー生地。

Img_0581_2

絞り口で5cmの丸々に鉄板の上に並べていって、オーブンで30分ほど焼いたら、この通り 

食べる前にシューにナイフを入れて、カスタードクリームを挟み込んでできあがり

庭の小花も添えましたImg_0584

2013年3月 5日 (火)

お料理好きな人たち

我が家の住人達は基本、クッキングを趣味としています
食べるのも好きだけど、作るのも好き
日々作らなければいけない役割の私メは、イベント日以外は手抜きが多かったりはしますが、時々作ってくれる夫殿と真ん中娘は、どちらかというと凝り性です。

夫殿は放っておけば、おそらく毎日でも作ってしまいそうなほど、料理が苦にならない人ですが、そんなことをしてしまえば、私の家庭での存在意義がなくなってしまうことに気遣ってか、日々はジムなんぞで時間つぶしをして、夕飯作りを私に任せるようにしているようです
まあ、私も主婦としてトータル的にはイマイチかもしれませんが、料理することが嫌いでなくてよかったなあと常々思っています
作るという行為の中に愉しさを感じられるからこそ、毎日の食事作りを苦にせずにいられる
これは幸せなことですよね

まあ、そんなことで夫殿は、私に作れない事情のある時、ジムがお休みの日、もしくは週末に、喜々としてキッチンに立っている次第です
しかも私が冷蔵庫に入れっぱなしで、その存在さえ忘れつつあるような食材を掘り起こして、ホ~ラ、こんなものが残ってたよというようなクッキングをしはります

な~んていうような長い前置きはともかくとして…
先日のおひな祭りの日には、私は散らし寿司と蛤のお吸い物を作ろうと決めていたので、それだけを作りました。それにプラスαしたのが、夫殿でした
おかげでおひな祭りのテーブルが華やかになりましたImg_0484_2

・カレイの煮つけ
・マグロのカルパッチョ
(トマト、モッツアレラチーズ、生野菜、クルトンなどあれこれ入)
・ほうれん草のおひたし
・厚揚げの和風だし蟹身和え

・ちらし寿司
・蛤のお吸い物

 

片や、娘は、仕事が休みの日の気の向いた時だけ、ではありますが、
へえ、これってどうやって作ったん?と思わず聞いてしまうような創作メニューを作ってくれます。
基本、人をアッと言わせることが好きなタイプなので、ありきたりのものは作りたくないのでしょう
珍しく平日に休日出勤の振り替え休みを貰った今日は、こんなメニューを作ってくれましたImg_0498

・チキンのオレンジ煮ローズマリー香りづけ
・ひき肉のピリ辛アンチョビ風味サラダ
・塩昆布入りポテトサラダ
(ポテトをしば漬けと塩昆布で和えてました)
・春キャベツのコンソメスープ

香りと風味が効いたメニューでした
ごちそうさま~

2012年7月11日 (水)

野菜たっぷりキーマカレー

よさこいの夏本番が近付き、よさこい練習にも力が入る今日この頃・・・
週2~3回の夜の練習タイムを熟すためには、どうしてもその日は簡単メニューにならざるを得ません
そんな簡単メニューの中で、なかなかに好評なキーマカレーをご紹介しましょう120709_185306

 材料
合挽きミンチ          300g
玉ねぎ              1個
人参               1/4本
セロリ               5cm 
ニンニク・しょうが                各1片
ナス・ピーマン・トマト     各2個
りんご              半分 
ローリエ             1枚
白ワイン             1/2カップ
固形スープ           2個
カレー粉             大さじ3
塩・コショウ・サラダ油     適宜

冷御飯・レーズンでバターライス
プロセスチーズ

●ニンニクとショウガをみじん切りにする。
●リンゴはすりおろす。
●それ以外の野菜はすべて、1cm角のサイコロ切りにする。

●サラダ油で玉ねぎを透明になるまで炒める。
●そこにニンニクとショウガを加えて、香りを出す。
●人参、セロリを加えて炒める。
●ミンチを加えて、火が通るまで炒める。
●白ワインを加えて、アルコール分を飛ばす。
●カレー粉を加えて炒め、香ばしい香りがたったら、ナスとピーマンを加え、更に炒める。
●トマト、リンゴのすりおろしを加え、固形スープ、ローリエ、塩・コショウで味を調えて、しばらく蓋をして煮込む。トマト、ナスなどの水分でちょうどいい具合になります。

●ご飯は、冷御飯が残っていたら、レーズンと一緒にバターライスに炒めておく。
●盛り付けて、最後にさいの目切りにしたプロセスチーズを散らす。

ひたすら切るだけの作業が面倒と言えば面倒でもありますが、何にも考えずにひたすら切っていきましょう 野菜とカレーの風味が利いていて、とっても美味しいですよ~

2012年2月 1日 (水)

生協レシピ

毎日毎日毎日毎日、夕飯を作らねばならないのが、主婦の宿命・・・というほどのことではない我が家ではありますが(夫の趣味がクッキングゆえ)、それでも平日は、一応、余程の事がない限りは、私メが作らねばならないと思っております 

今日は、○○作って~って、いつも誰かがリクエストしてくれれば話は簡単なのだけど、そうは問屋が卸さないので、日々メニューを思いつく、ということが一番面倒なことなのであります でしょ~ 主婦のみなさま方

水曜日の夕方は生協のお店に注文品を受け取りに行く日なので、ついでによく利用させてもらっちゃうのが、生協スーパーの入口にズラッと並んでいる応援レシピです。毎週、結構、新メニューを置いてくれているので、何にも思いつかない日には利用させてもらいます

本日はこちらの2品を作ってみました なかなか美味しかったので、ご紹介しましょ

Ing358_2  Ing360

120201_185545

作り方もどうぞ かぼちゃもちは、作るのが愉しかった 色がとても綺麗だったので、パーティメニューにもいいかもしれません。

Ing359 Ing361

画像をクリックすると大きくなります

できあがりは、この通り

120201_195015

いただきま~す

2012年1月20日 (金)

かぼちゃケーキ

鬼の攪乱、二日目 昨日、今日と嫌ほど寝たら、背中が痛くなってきて、夕方から120117_135018急にどうしても、ケーキが作りたくなりました 先日、勤務先の堺あけぼの園のクッキングで作ったかぼちゃケーキ(右の写真)。簡単でなかなか美味しかったのです。職員のKさんが、ちゃんと家で試作してきてくださるだけあって、最近は失敗なしで上出来なお菓子が作れます  これはとっても嬉しいことです レシピをもらってきていたので、二日ぶりに買い物にも行きたくて、材料を仕入れてきました

  材料

冷凍かぼちゃ(水っぽくなくて、これが便利)  300g

砂糖                         80g

卵                           3個

生クリーム                      200cc

薄力粉                        大さじ4

バター                        50g

シナモン(お好みで)

1.かぼちゃは室温で解凍し、皮をむいておく。皮は刻んで、後でケーキの上にちょこっとのせるとオシャレ~。

2.砂糖+卵で硬く泡立てる。

3.生クリームは6分立て。

4.かぼちゃもハンドミキサーでくずしておく。

5.バターを溶かしておく。120120_170856

6.2、3、4、5を合わせて、混ぜ合わせる。

7.薄力粉を振るいにかけながら混ぜ合わせる。これで生地ができあがり。

8.オーブンは170℃で45分。

120120_171311 レシピでは、最初から材料を全部ひとまとめにして、ミキサーにかければいいとなっていましたが、ミキサーには多分、これだけの材料は入りきらないと思われます ハンドミキサーで作ることをお勧めします。そして、やっぱり卵を別立てした方が、ふっくら仕上がるようです。園では、生地を裏ごししてから焼いたので、とても滑らかだったし、カスタードクリームを添えていただいたので、とっても美味でした 家では面倒で、どちらも省略 それでも甘さひかえめのふんわりヘルシーなケーキに仕上がりました 夕方、ひとりでのんびりティータイム しあわせ~

二日間、たっぷり休憩して、元気も回復してきました これだけよく眠れたというのは、やっぱり調子が悪かったということでしょうか。半年に1回ぐらいの感じで、こんな風にダウンしてしまうのは、やっぱ日頃、突っ走り過ぎてるってことかなあというのが自己分析 明日から、また突っ走ります あ~、寝疲れた

2012年1月 4日 (水)

カステラ作り

暇で暇で暇~だったので、朝からカステラを作ってしまいました

新聞紙で型を作って焼く、あれです 一時、流行ったよね? 久々だったので、パソコンで検索して、型作りから始めました。120104_084706 新聞紙を6枚ほど重ねてこんな箱を作ります。箱にアルミホイルを十字に敷き詰めておきます。

ちなみに箱の作り方は、以下のアドレスをクリックしてみてください

http://orangegate.seesaa.net/article/139866469.html

【材料】
卵 M玉8個(L玉なら7個) 室温にもどす。
砂糖 300g
お湯または温めた牛乳50cc、はちみつ大さじ4を合わせてよく溶かしておく。
強力粉 200g
新聞紙の型 
ゴムベラ
直径23cm位のボール  120104_090043

①卵と砂糖を泡立て器の高速で10分ほどのんびり泡立てます。

②牛乳とハチミツをレンジで温めておいて加えて更に泡立てます。

③強力粉を2~3回に分けて、振るいながら、泡立て器・中速でかきまぜます。 生地に「の」の字が書けるぐらいになったらOK。

④オーブンを180℃にセット120104_093041_2

⑤ 型の淵に付かないように気を付けながら、底からゆっくり生地を流し込みます。この時に、ゴムへらで縦に切り込みながら空気を抜いた方がいいそうですが、私はあまり気にしない

⑥オーブンの中段で10分ほど焼いてほんのり焦げ目をつける。

⑦オーブンを160℃にセットしなおして、下段に移して、80分ぐらい焼く。120104_111059_2

⑧カステラ色に焼きあがったら、上から手の平で押さえてみて(熱いから、クッキングペーパーを乗せて押さえてくださいよ。 ヤケドしますジュワジュワと音がしない様ならOK。音がしたら、もう10分ほど追加して焼く。

⑨焼けたら、上側を下にして、ラップの上にひっくり返し、型から外し、ホイルも全部取って、熱いうちにラップでくるんで冷ます。

⑩冷めたら、できあがり。翌日ぐらいの方がしっとりと美味しいそうですが、やっぱ早く食べたいよね。

⑪これぐらいの数に切り分けられます。

120104_191209 120104_191233 ほら、美味しそうでしょ?

美味しいよ

午後からも、暇~だったので、行かないでいようと決めていたはずの、バーゲンに行ってしまいました 別に欲しいものもないくせに、何かを探して買ってしまう あ~、アカン、アカン

モールにいた時間は少しでしたが、が大混雑で、帰ってきたら夕方 これまた暇~だった夫殿が、夕飯の支度をほぼ済ませて、ジムに出かけてました ゴメン、ゴメン ということで、仕上げだけ、ちゃちゃっとして、食卓に並べました いっただきま~す120104_195330 

2010年12月 1日 (水)

カルボナーラ鍋

101105_171344 冬は鍋毎日でもいいですよね~ あったまって、しかも野菜がたっぷり食べられるのがいい 今年はたくさんの種類の鍋スープが、スーパーに並んでいます。鍋のスープなんて、自分で作れるよね~というのが、本来の私ですが、この間、ダイエーであんまりたくさんのスープが集結して売られていたもので、ついつい数えてみました。これが全部かどうかはわかりませんが、そこにはなんと26種類ものスープが並んでいました。寄せ鍋、ちゃんこ鍋、味噌鍋、もつ鍋なんてありきたりなものばかりではありません。トマトスープ系、チーズ系、バター系など、洋風スープ鍋もいろいろあります。私のことだから、こういうのを見つけると、ついつい試したくなります。

あなたは慎重派? or 冒険派? 慎重派の方に、まず私のお勧めは「塩系」です 「塩ちゃんこ」「塩モツ」はなかなかあっさりでイケました でもこういう、もともとイケそうなものだけを選んでいたのでは、おもしろくありません そこで私が選んだのは「味噌バター」と「カルボナーラ鍋」でした。はっちゃけ娘が夕飯タイムから家にいて、3人で鍋を囲める日を選んで、トライしてみました

「味噌バター」は、なんというかバターの風味が、少し人工的な感じがしました。バターの味なんだけど、バターじゃない・・・みたいな いくら煮込んでもバターの味がし続けるということが、そもそも人工的ということなのかもしれません。まあ、△というところです

101201_190124 今日は「カルボナーラ鍋」を試してみました。これは、なかなか美味でしたよ チキンブイヨンが効いていて、しかも濃すぎず、ちょうどいいお味です。最初に、ニンニクを刻んで、オリーブオイルで玉ねぎの乱切りとベーコンの厚切り、ウインナーを炒めてから、そこに鍋スープを注ぎ込んで、野菜は、キャベツ、エリンギ、人参、ブロッコリーを使いました。豚の肩ローススライスと豆腐、うす揚げも加えました。麺はパスタというところでしたが、あえて半生ラーメンにしました。美味しかったよ~ お勧めします 少し残したスープは、明日の朝食にご飯を加えて、チーズと半熟卵でリゾットにしようと思っています。101201_192537

鍋ライフ、最高~ 

2010年7月24日 (土)

ヨーグルトレアチーズケーキ

724 金曜日に職場の障害者作業所のレクで「ヨーグルトレアチーズケーキ」を作りました。本当にたまたまなんですが、その3日ほど前に、暇つぶしに同じケーキを家で作ったところでしたこの偶然はなかなか~ゼラチンで固めるだけの簡単ケーキ、お試しあれ

ヨーグルトレアチーズケーキ

型は、パイレックスガラスのパイ皿を使います。

パイ皿の底にあらかじめピッタリとくっつけてサランラップを敷いておきます。

ナビスコプレミアムクラッカー(6枚×3パック)を細かく砕いて、溶かしバター(70g)と混ぜ合わせ、パイレックス皿の底にできるだけ薄く均一に敷き詰めます。そのまま冷蔵庫へ。

調理は底の浅い大ナベに2cmほど水を張り、大きめのボールを弱火で湯煎にかけながら行います。そのボールにゼラチン(大さじ1.5)水(50cc)、砂糖(大さじ4)を入れる。

ゼラチン、砂糖が溶け、透明になったら、卵黄(1個)を入れて、泡たて器で混ぜ合わせる。

クリームチーズ(120g)を加え、泡たて器で混ぜながら溶かす。

ヨーグルト(1カップ)を加え、泡たて器で混ぜあわせる。

生クリ-ム(1/2カップ・前もって6分目くらいに泡立てておくとふんわり仕上がる。そのままでもOK)を加え、泡たて器で混ぜあわせる。

レモン汁(大さじ1)を加え、泡たて器で混ぜあわせる。

クラッカー生地を敷いたパイレックス皿に流し込む。上からラップをかけて、そのまま冷蔵庫で固まるまで冷やす。

固まったら、できあがり。等分に切り、一番最初にあらかじめ敷いておいたラップを持ち上げると、ケーキが簡単に取り出せます。夏にどうぞ

本当にアッツイですねえ。今日も35℃でした夕方4時半からお隣り町の美木多地区で子ども会の夏祭りがあり、よさこい美木多チームに出演依頼があり、アッツイ中、踊ってきました。アッツクても、やっぱ踊ってると愉しいもんですこれって何だろうね~でも踊り終わった途端、クラクラッと来て倒れそうになるくらい、やっぱ暑かった~夏休みに入ったばかりの週末、子ども達のためにアッツイ中、こんな祭りを開いてやろうという地域の大人たちが本当にエライッお父さん、お母さん達はもちろんだけど、地域のお年寄り達、子育てが終わったお母さん達がいっぱい手伝って、模擬店をいろいろ盛りだくさんに出していました。こういう地域で育てられている子どもたちは幸せだなあ。私たちも踊りのご褒美にカレー食べ放題だよ~とご馳走してもらいました。暑すぎて、カレーなんて食べられな~いと言いつつも、1杯ずついただきました。これが、意外に美味しかった~ゴチッ

より以前の記事一覧

よさこいの夏

My work

無料ブログはココログ